とろグ。+α

メンヘラ-、嘔吐恐怖症のへたれ母によるへたれ育児記録。時々森山未來さんの舞台など綴ってます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう3年も前の話になります。私がずっとずっと訴え続けてきた

嘔吐恐怖症の存在を肯定する出来事が起きました。
あまりの驚きに以前カウンセリングを受けていたM先生にメールをしてしまいました。

以下メール引用文です。

長いのでたたみます。

ノロ対策に梅肉酵母を
毎朝食べているとろにポチっとな★





2009年10月7日 水曜日 午後4:23


ご無沙汰しております、とろです。

今日は私が通っているクリニックのトップページに「 嘔吐恐怖症に有効な治療法があります!! 」
というのを知って驚いてメールした次第であります。

事例を読むと私が何年も訴え続けていたものとほとんど同じで

「今更なのかーーーー!!」

という怒りに似た感情と

「やっと社会的に嘔吐恐怖が認知された。
長い道のりだった」


という安心感のようなものが入り混じった複雑な気持ちになりました。

思わずソッコーで電話して、カウンセリングの予約をとろうと
したら「3ヶ月待ちです」といわれ愕然としました。

嘔吐恐怖歴が長いのは

私が一番のはずではぁぁぁぁぁ???


(だから1番にみてもらう権利がある)

という訳のわからない思い込みのせいだと思います。

でも夫がいうには「多分、M先生とやってきたことのほうが
このカウンセリングより役立ってると思うから、
カウンセリングの必要ないんじゃない」とのことでした。

M先生と私がやってきたエクスポージャーのほうが
(根拠はないけど)すごいんだぞー!と言わしめたいです!
_________________________________

↑ここまでメールの引用。太字、色付けはブログ用に今やった。

とりあえず、おまいらより先に嘔吐恐怖についてカウンセリングはしてたんだぞと、云いたかったです。
まぁそれから3カ月待ってカウンセリングを受けて今に至るのですが、
最初の方はミルクゲボ=溢乳を経験したとろにとっては屁の河童でした。
それで段々レヴェルが上がってきていまや、一般人にもキモイだろうと思うようなことをやっています。
文字にするのも憚られます。

そして実は昨年の明日が赤ぽん改め「命名とろお」が大量ゲボった日なのです!!
母は「今年もゲボるんじゃないか?」とビクビクビクビクビクビクビクですよ!

カウンセリングの成果を発揮できるまたとないチャンスだ、と思って下さい(笑顔)と
カウンセラーさんは云うけれど

そんなもん嫌に決まってんだろ、ヴォケ!!

(心の声:カウンセラーさんのことは好きです)」

と思っています。嗚呼、どうか明日とろおが吐きませんように。
っていうかずっと吐きませんように←違っ
関連記事
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://xoxtoroxox.blog29.fc2.com/tb.php/1169-d1f60140
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。